手の甲で占う性格や運

位置によって意味に違いも

タロット

占いの世界では手を見るだけでその人の性格から運命までがわかると言われており、手相鑑定は最もよく知られた占いの方法です。
手相の中でも感情線は性格や恋愛運を、生命線は健康運や寿命などをそれぞれ示しており、その他にも運命線や知能線などで運を総合的に占っていきます。
このように性格や運を判断するのに手相がよく使われますが、熟練した占い師は手のひらだけでなく手の甲でも運を判断しているものです。
中でも手の甲にほくろがある人には性格に共通点があると言われており、位置によっても意味が違ってくるため運を鑑定できるのです。
ほくろ占いそのものは占いの技法として多く用いられており、特に顔や体のほくろを見て運を鑑定する方法がよく見られます。
占い師によっても鑑定結果に違いは見られますが、手の甲のほくろが手先の器用さを示しているという点では多くの占い師に共通しているものです。
そのような人は細かい作業が得意で、手先の器用さと特技を仕事に生かしている人の例も少なくありません。
この器用さは手先ばかりでなく対人関係にも及んでおり、手の甲にほくろがある人は気配りができるため人間関係も円滑で教室や職場の人気者となっている場合が多いのです。
このような手の甲のほくろに示されている性格は、手の甲でもどの位置にほくろがあるかによっても微妙に違ってきます。
右手か左手かによる違いはもちろん、親指や人差し指など指の末節にほくろがある場合にも性格の違いと注意点や運が変わってくるのです。
自分でも気がつかないでいるそれらの要素を知るには、やはり手相の鑑定が得意な占い師に手の甲を見てもらうのが確実です。
以上のように手の甲のほくろにも手相に通じる意味が隠されていますので、興味を持った人は詳しく調べてみるといいでしょう。
ほくろの位置に応じた対処法や開運術を知るには手相その他の占いに関する専門知識を要するため、占い師の鑑定が役に立つのです。

自分の運勢を知るために

水晶と赤ちゃんの模型

手相を見る時に、右手と左手の手でどちらのほうを占えばいいのかという話があります。
基本的に右手と左手の手相には大きな違いがあります。
左側の手相の意味は先天的なものが見れて、生まれ持った才能や潜在意識などを見る事ができます。
逆に右側の手相の意味は努力で得た才能や現在、未来などを表しています。
その違いは手線だけではなく、ほくろにもあります。
ほくろの場合手のひらや指、手の甲の方にも付いていてそこにでもまた違いが生まれます。
例えば手のひらの丘にほくろがある場合は、強い意志を意味していたり、手のひらの掌線上のほくろの場合は、逆に全て凶を意味しております。
このようにほくろ1つで手相の線並にとまではいきませんが、それなりに違いが出ています。
ほくろ占いというのもそのようなところから来ております。
ほくろの位置で手相占い並に今後の占いの区別が出来たりとほくろは占いの中で重要な役割を示しております。
手のひらに無い場合もあり、まず手のひらにほくろがあるという地点でラッキーなのかもしれません。
ある場合はかなりいい方向に転んだり、逆に悪い方向の運勢が出たりと占いの左右が激しいのもまた1つの醍醐味であったりします。
ほくろというのは年を重ねるにつれ出てくるものもあり、これからの行いや言動によって変わってくるものでもあります。
正確な結果が知りたいと考えている方は、プロの占い師に依頼するといいでしょう。
占い師を選ぶときは実績が豊富なところがおすすめです。

掌線は次第に変化する

ウーマン

手相占いでは、手のひらにあるほくろは大きな意味を持っています。
これが掌線と呼ばれる生命線や頭脳線、感情線などの上にある場合は生活面などでの注意が必要です。
ほくろは元々手のひらにあるものと急にできるものとがあります。
元々ある場合はその人の現在の状態や性格などを表しているといいます。
突然できたものはこれから起こる未来を占うことができます。
たとえば手相の生命線上にほくろがある場合は、体が弱かったり病気がちな人が多いと言われます。
急にほくろができたならこれから病気などが起きることも考えられます。
これを避けるためにもきちんと健康診断をして健康管理を行うことが大切です。
感情線上にほくろがある人は感情の起伏が激しいタイプが多いようです。
ほくろが突然できた場合は、恋愛や人間関係のトラブルが起きる可能性もあります。
常に冷静に自分を見失うことのないように行動することが必要です。
結婚線上にほくろがある場合は、異性運がないとか関係が長続きしないということがあります。
このような人は自分の性格や態度などを見つめ直し、異性との接し方を変えるだけで現在の状態抜け出すこともできます。
掌線にあるほくろは線の上や中央、下など場所によっても意味合いが違ってきます。
これが手相の良くない位置にあるからといって不安になることはありません。
運命を変えようと願う強い気持ち次第で手相も変化していくのです。
これによりほくろの位置もずれ、幸運を呼ぶ福つかみというほくろに変わることもあります。

幸運の証にも

タロットカード

手の平にあるほくろは手相では幸運の証である場合もあります。手を握った際に隠れるようであれば幸運の証であることが多く、特に中央に位置する場合には福つかみと呼ばれるほど強運であるとされています。逆に生命線や頭脳線などに被っている場合や、色が薄く茶色のほくろは運気が下がるとされていますので注意が必要です。

もっと読む

手の甲で占う性格や運

タロット

手を見てその人物の性格や運命を占う方法としては手相鑑定が有名ですが、手の甲のほくろにも意味があります。手の甲にほくろがある人は手先や対人関係が器用で、気配りができるため人気者となっている例が多いものです。ほくろのある位置で運なども変わってきますので、手相に強い占い師に鑑定してもらうといいでしょう。

もっと読む

黒子紋とは

水晶と小石

手のひらや指にあるほくろは、手相占いでは黒小紋と呼ばれており、それぞれ位置によって意味があります。手のひらの中央あたりのほくろは福をつかむと言われ、とてもラッキーな人であることを表しています。他に、親指の第一関節より上にほくろがあると、頑固な人が多いです。

もっと読む