運命を占う

運命とのつながりについて

手相

手相占いというと、手のひらにある線だけで占っている、と思っている人も多いでしょう。
実は手相占いは線だけでなく、肉付きや爪、ほくろなどからも占っているのです。
手のひらにほくろがある人は、それほど多くないので、占いの対象になるのか、と疑問に思ってしまう人もいるでしょう。
しかしほくろの位置からも、様々な運を占う事ができるのです。
例えば、親指にほくろがあると頑固者、愛情におぼれやすい人が多いと言われています。
位置によって意味が異なっており、第一関節にあると頑固になりやすい、第二関節にあると恋愛などにはまりやすく、家族に迷惑をかけてしまう傾向にあると考えられています。
指によって意味が異なっており、人差し指の第一関節であれば、神経質な心配性、第二関節にあると向上心が高いと言われています。
手相でのほくろは、あまり良い意味を持たない事が多いですが、手のひらの中心にあるほくろだけは違っています。
これは、とても幸運な意味を持つ、福つかみと呼ばれる手相です。
他の線と全く重なっていない、などの条件をクリアしている必要がありますが、真ん中にあればあるほど、強運の持ち主だと言われているのです。
幸福をつかみ離さない手相なので、周囲に福つかみを持っている人がいないか、調べてみると話題になるでしょう。
このように、ほくろからも様々な事を占う事が可能です。
ほくろは急にできる事もあるため、できていたらどのような意味を持っているのか、調べてみましょう。

よく確かめてみよう

十二支

手相学ではほくろの位置が重要となってきます。
ほくろは手相上で黒子紋と呼ばれています。
スター、フィッシュ、十字架などの紋と同じ仲間です。
その位置や形状によって運勢が大きくちがってくるといわれています。
手相の観点からするとほくろは吉とされています。
特に手の平の真ん中にあるほくろは「福つかみ」と呼ばれ吉兆とされています。
また、手の平の中央は手相上、火星平原と呼ばれる場所です。
この場所にほくろがあり、なおかつそれが生命線や頭脳線に触れずにその間にあり、手を握ったときに隠れる位置にあればさらに強運であるとされています。
なので、ほくろの位置が、ど真ん中であればあるほど運を招くといい伝えられているのです。
特に金運が最高と評判の手相です。
手の甲にほくろがあるのは器用な人だといわれており、その部分にほくろが現れるのは良い暗示です。
そのため、手先が器用と同時に、生き方も器用と評価されます。
また、人差し指にあるほくろは指導力の表れです。
向上心があり指導者としての資質がある証拠です。
さらに中指の付け根にほくろがある人は信頼できる友人を持つと運がアップするといわれています。
小指の付け根にある人は手に技術を持つと幸運がやってくることの暗示です。
技術者になれるチャンスといえましょう。
生命線の下と親指の間にある第一火星丘にある人は、家族との関係を見直すと幸運になれる暗示です。
また、親指の付け根の金星丘にある人はやさしい性格です。
このように手相を知ることで自分の性格や思わぬ特性がわかります。
まいにち手相を見ることで、自分自身を向上させる努力に繋げていくことができます。

時期や傾向が分かる手法

女性

恋愛や結婚についての悩みや相談は、手相の鑑定士の元にも多く寄せられています。
手相は、他の占いよりも恋愛や結婚の時期がはっきりと分かります。
そのため、婚活中の女性や男性からも利用されているのが手相占いです。
手相の鑑定では、結婚の時期を結婚線の位置から読み取ります。
はっきりと刻まれた線があれば、その場所を参考におおよその結婚年齢を割り出します。
漠然とした予想に留まる他の占いと違って、手相から得られる情報はかなり細密です。
線の形からどのような結婚生活になるかという所まで占えるのが手相の深い所です。
ほくろに接している場所があれば、注意点なども具体的に分かります。
婚活する際に浮上してくるのが、どういった方法で結婚相手に巡り合うかという問題です。
様々な出会いのスタイルがある昨今では、婚活をしながらも迷いを抱えている男女が大勢存在します。
手相では、その人物の恋愛傾向や結婚に至る道筋をイメージすることが出来、理想的な婚活方法が見えてきます。
有名な鑑定家の元には、実際に婚活中の方が足を運んでいます。
自身ではイメージが付かない出来事を、鑑定家からのアドバイスによって知るというパターンも手相占いでは頻繁に起こります。
ほくろが新たに現れたり、また逆にほくろが消えたりといった変化も、鑑定家に相談をすればその意味する所を理解することが出来るのです。
手相やほくろは、時間の経過と共に状態が変わることがあり、婚活する時にも慎重に見守りたいサインです。

幸運の証にも

タロットカード

手の平にあるほくろは手相では幸運の証である場合もあります。手を握った際に隠れるようであれば幸運の証であることが多く、特に中央に位置する場合には福つかみと呼ばれるほど強運であるとされています。逆に生命線や頭脳線などに被っている場合や、色が薄く茶色のほくろは運気が下がるとされていますので注意が必要です。

もっと読む

手の甲で占う性格や運

タロット

手を見てその人物の性格や運命を占う方法としては手相鑑定が有名ですが、手の甲のほくろにも意味があります。手の甲にほくろがある人は手先や対人関係が器用で、気配りができるため人気者となっている例が多いものです。ほくろのある位置で運なども変わってきますので、手相に強い占い師に鑑定してもらうといいでしょう。

もっと読む

黒子紋とは

水晶と小石

手のひらや指にあるほくろは、手相占いでは黒小紋と呼ばれており、それぞれ位置によって意味があります。手のひらの中央あたりのほくろは福をつかむと言われ、とてもラッキーな人であることを表しています。他に、親指の第一関節より上にほくろがあると、頑固な人が多いです。

もっと読む